Petit Amie

ミニチュア粘土 と カルトナージュ の制作日記 少し ひとりごとも…

2011.12.
S
M
T
W
T
F
S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルトナージュ ブラッシュアップ講座

                11121401.jpg


カルトナージュのレッスンはお休みしているのですが、
先日カルトナージュのブラッシュアップ講座に参加
してきました。

ブラッシュアップ講座は、2回目。

夏に開催された第1回目のブラッシュアップ講座は 
カルトナージュの基本である 紙とのり について。

フランスのカートン・日本のカートンを実際にカットをし、
フランスのカートンの扱いの良さに感動しました。
さすがお高いだけのことはあります

紙の目のお話し、ケント紙についても初めて知ったことも
ありました。

また フランスののり、日本の何社かのボンド
これらを水で薄める配合をかえ 実際にカートンに
布を張った時の ソリ についても実験をしたりもしました。


2回目の先日は、カートンのカットについて。
先生が実際にお教室用に カルトナージュのキット 
10人分~20人分作る時のデモをしていただきました。

もちろん何か特別なことをしているワケではなく
地味な作業ではありますが、
先生が駆使して考えられた方法、道具を使うと
大変きれいにいとも簡単にカットされていきます
もちろん先生の熟練された技だからでしょうが…。

これがまたまた目からうろこの事実もあったりして
大変実りの多き時間となりました

こんな講座を開催してくれた アトリエボンボニエール
ボンボン先生には心から感謝です。

ボンボン先生は、カルトナージュの技術センスは
もちろんのこと教えるということにおいて
プロを感じさせてくれる方です。

自分の持っている技術 知識 を全て教えよう! 
持って帰ってもらおう!と
いう意気込みがありがたいほど感じます。
雰囲気は穏やかで優しいしね

だから先生から習いたい方があとを絶たないのでしょうね。

先生の姿勢には学ぶことが沢山、若いのに
とても尊敬しています。

私は沢山の習い事をしていますが、
トールペイント・粘土・お料理・パンそれぞれの
先生のプロとしての姿勢が同じようにすばらしいと思っています。


そんなボンボン先生から…クリスマスプレゼントをいただきました

先生のお知り合いの方がやってらっしゃる コンフィチュールです。
さ~何といただきましょうか。
楽しみ~♪♪
スポンサーサイト

| ホーム | 次のページ →

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。